むくみ解消

目元のむくみの解消法

目の周りは、他の部分に比べ、むくみが目立ちやすい部分です。

 

顔全体のむくみが取れれば、すっきりとした印象になり疲れた顔のイメージも一新できます。

 

 

目元のむくみの有無しが、顔の印象を分けるのです。

 

むくんでいると疲れ顔や老け顔に見られますし、特に寝起きの顔はむくんでいることが多いですよね。

 

寝るために体は横にします。

 

そのため、足に溜まっていた水分が体全体に広がり、顔にも水分が溜まるようになります。

 

特に寝る前に、お酒を飲んだり、水分を摂りすぎたりすると、むくみをひどくしてしまいます。

 

寝る前に泣いたりすると、翌朝の目の周りは腫れぼったくなりますよね。

 

処理しきれなかった水分が、寝ている間にたまってむくみになります。

 

◆目の周りのむくみの取り方

目の周りのむくみには、顔のリンパのポイントを刺激した後にタオルで冷やしたり温めたりする方法、が効果があることはよく知られています。

 

リンパのポイントは、こめかみ、耳の前、耳の後ろ側なので、この順序でその辺りを指の腹をつかって、円を描くよう優しく刺激します。

 

その後に、耳たぶを持って回します。

 

次は、ちょっと熱いなと感じる40℃くらいの蒸しタオルを目に当てて温めます。

 

そして次は、冷たいタオルで冷やします。

 

これを2回行うと効きますよ。

 

蒸しタオルは、タオルを水に浸して軽く絞り、電子レンジで40秒から1分程度チンすれば、出来上がりです。

目元のたるみ予防法

目がむくんでいるんだと思っていたのに、たるみがむくみに見えていただけだった、なんてこともあります。

 

目元は皮下脂肪がとてもつきやすく、たるみやすい部分なので、厄介な部分なんです。

 

 

目元のたるみを取るには、目の周りの筋肉を鍛えることが必要。

 

鍛える運動をすることで、目の周りの血行もよくなり、脂肪や老廃物がしっかりと排出されていくので、目元はすっきり感を保てるようになります。

 

目の周りにはたくさんの筋肉があります。

 

その中でも、目元のたるみを予防するのに鍛えるべき筋肉は、眼輪筋です。

 

○ゆっくりと目をギュッと閉じていく。
○今度はゆっくりと目を開けていく。
○3、4回繰り返す。

 

深呼吸も合わせると気分もリフレッシュできます。

 

目の周りのむくみの原因が病気のサインとして現れることもあります。

 

例えば、内分泌系、腎臓、心臓などの病気のサインで目の周囲のむくみや腫れが出ることがあるのだそうです。

 

気になる時には、専門医に診てもらうようにしてください。

疲れで顔がむくんだ時にはどうする?

疲れが溜まって顔がむくんでくる経験をしたことがある人は、そんなに少なくないのでは?

 

残業続きでドロドロになるまで働いた翌日、鏡に向かうとまぶたが垂れ下がり、顔の輪郭まで崩れてしまうなんてことがあると、自分でも少し不安を感じますよね。

 

疲れや疲労も幾つかの分類ができるんでしょうが、普段の生活で一番多いのは、肉体的な疲労です。

 

肉体的疲労は、例えば、営業職で一日中外回りをして夕方戻った時には、もうクタクタって時があります。

 

そんな時は、筋肉が疲労すると分泌される乳酸が増えていて、それが原因で筋肉の収縮力が低下してそう感じるのです。

 

その他に感じる疲労としては、気疲れです。

 

例えば、オフィスの人間関係の難しさ、お客さまと接する仕事などで感じます。

 

これも仕事が終わった時には、もう口をきくのもおっくうだと感じるほど疲れた時です。

 

身体はガチガチ、肩こりに腰痛、頭痛など慢性的に感じているかも。

 

こんな疲れが溜まってくると、身体の中でも疲労物質が溜まってきています。

 

精神的な疲れやストレスがあると、自律神経のコントロールもままならなくなり、冷え性や血行不良も起こします。

 

それらが、顔や手足のむくむ原因になります。

 

顔のむくみが疲れがとれなくて慢性化してしまうと、免疫力も落ち、感染症にもかかりやすくなります。

 

予防するためには、ちょっとずつでもくつろげる自分の時間を確保できるように努力してみて下さい。

お気に入り

キミエホワイトの口コミって多くない?キミエホワイトはしみ改善に効果なし!こんな口コミが多いのですが、そのキミエホワイト で改善しなかった人が良かったと評判の良いしみ・しわ改善効果の高いもうひとつの 医薬品はご存知ですか? キミエホワイトの効果を比較し、実際に試してみました!